• 有吉伸久さん

    (昭和59年法学部法律学科卒)

    三菱ガス化学株式会社

    葉山部門との付き合いは、高校入学当初既に入部していた同級生に誘われ練習に参加して39年になる。

    多少泳げたこともあり「なんとなく」参加したのだが、海洋遠泳や船舶操縦等多様な活動に大学卒業までのめり込むことになった。

    練習により小さく短い遠泳から徐々に大きな大会でも成績を残せるようになった他、40~50km級の部内大遠泳の企画にも参加し泳ぐこともできた。

    又、日本泳法習得、船舶免許等取得と、非常に盛りだくさんで、楽しく有意義な学生生活を送ることが出来たが、その間に活動を通し、社会で必要な様々な力も養われたと思う。

    現役時代は上手くいくように考えていただけだが、結果として各種技能を向上させる過程で集中力・持続力・思考力等、自然や海を相手にすることで思考力・判断力・対応力・洞察力等、OBや水泳連盟役員等とのお付合いにより対人力・会話力等々が向上し、社会に出てもそれらの力を生かす場面は多く、会社生活でも非常に役に立ってきたと感じる。

    卒業後もコーチとして日本泳法を担当したことで、現役時代にも増し日本泳法を習得し、現在も水泳連盟の一員として日本泳法に関するお手伝いを行っている。

    日本泳法は日本各地で発展しておりその地域の歴史や文化等にも触れる機会が作られ、大いに楽しんでいる。

    単に競技スポーツに強くなるというのではなく、色々な活動によって「人間力」を鍛錬し世界を広げることが出来る葉山部門は、正に運動部の原点の一つで武道にもつながるユニークで実践的な部活動であり、現在の私は葉山部門抜きでは語れない。

    なんとなくからでも構わない、自らの成長を願うならば葉山部門をお勧めする。